このエントリーをはてなブックマークに追加

オンラインカジノ依存症危険

HOME > オンラインカジノは依存症が危険すぎ!ハマる人続出のネットギャンブル

オンラインカジノは依存症が危険すぎ!ハマる人続出のネットギャンブル

オンラインカジノとは?


オンラインカジノを遊んでみて感じるのは「カジノ」という名前を売りにしていても、お金が実際に発生しているということを除けば、普通のオンラインゲームとほとんど内容は変わらないということです。

でも、だからこそ、ついついお金を使ってしまうということもあるのでしょうが、あまり現実世界での「カジノ」という高級感あふれる感じはやはりパソコンと向かい合っていてはなかなかリアルに感じることはできないな。という印象を持ちます。

オンラインカジノは稼げるってホント?



しかし、実際にお金をかけて、パチンコ屋などでは一度に稼ぐことが難く、オンラインカジノなら100万円以上を稼いだりすることが出来るので、これはやはりオンラインゲームと違って「カジノ」だなと感じます。

実際に僕は30万円以上の当たりを引いたことがありますが、SNSやyoutube動画を見ていると、他にも50万円とか100万円とかかせぐそういうラッキーな人もいるのだなあと思います。

はじめはオンラインゲームの延長で始めましたが、お金もかかってしまいますし、インターネットの回線が不安定なところではなかなか安定したプレイができないです。
始めてから3ヶ月ほどは集中してやっていましたが、今は月に数えるほど。

やはり私自身ギャンブラーですので気になる台などがないかたまに見たりしますので、その程度という認識でいてもらえるといいと思います。

オンラインカジノの特性とメリット


オンラインカジノという特性上、だれかとコミュニケーションをとりながらプレイしたりすることもできるので、そこもオンラインならではのメリットかなと思います。

私も実際に友人とスカイプやラインなどでコミュニケーションをとりながら、わいわいと楽しみながら、プレイすることが大半でした。
カジノそのものを楽しむというよりかはむしろ、カジノ居酒屋というか、カジノを中心としたコミュニティとそこから生まれるコミュニケーションを楽しんでいたと言ったほうが正しいと思います。

オンラインカジノはネットで情報を仕入れよう!


今はツイッターやブログ、youtubeなどで数多くの情報を得ることができますので、そういった情報をうまく活用しながら戦略的にプレイすることができれば、それが技術介入として自分の勝率に影響を加えることは多少可能なのかなとは思います。

実際にその情報発信者がどこの誰で、情報の信ぴょう性は100パーセント正しいとは断言できませんが、でもないよりはあったほうが楽しめるのかなとは思います。

オンラインカジノで依存症に注意!


いずれにせよ、お金の使い方を管理した状態で、心に余裕をもってカジノのゲームをプレイするという感覚を忘れずにプレイするといいかなと思います。

現実のギャンブルでも、始めたばかりの時に大当たりしてしまうと、ギャンブルはローリスクハイリターンだという錯覚に陥ってしまって、なかなか抜け出せなくなってしまう依存体質の人もいますので、そこは理解してから始めるべきです。

堅実な誰かと一緒にプレイするなどブレーキを用意してから楽しむのが安全でいいとおもいます。

どのぐらいお金を使う?カジノの資金を決めよう!

カジノを含めて、ギャンブルは面白いと思います。
当たれば大金を得ることが出来ます。こんなに簡単にお金を稼げるものはないと思ってしまいます。

だけど、外れたら地獄です。
損した分も取り戻そうとどんどんムキになってやり続けて、どんどんお金を減らしてしまう可能性があります。。


ここからは私のギャンブルの実際の経験談です。

私は会社を辞めて次の仕事につくまでの間、無職の期間がありました。
毎日暇で、よく他人のブログを見ていました。その中で、競輪で1000円が10000円になったとか、パチンコで6000円儲けたとか、ギャンブルで儲けた人の話題に目が止まりました。
「すごい!簡単そうなのに儲かるんだ!」と良い面ばかりを見てしまい、やってみたくなりました。

私には前職で貯めていた貯金が少しありました。
希望を込めて、10万円を使ってチャレンジしてみよう。と思いました。1000円で10000円なるんなら、10万円が100万円になるチャンスもあるよね!
と、自分に都合の良いことばかり考えながらオンラインカジノにチャレンジしてみることにしました。

アホの極みとしか言いようがないのですが、初めてなんだから複数回の分けてやってみれば良いのに、一度に10万円全てかけてしまいました。
やり方をよく分かっていないのに、勢いでやってしまったところもあります。

結果は惨敗。

働いて苦労して貯めた10万円を一瞬で失ってしまいました。
勝つことしか考えていなかったので、はじめ自分の身に何が起こったのか分かりませんでした。
その時に、ブログで見たギャンブルで儲けた人の話を思い出していました。

「こんなはずはない。取り戻してやる!」とおもって頭に血がのぼった状態でクレジットカードで10万円投入しました。
これで貯金はほぼなくなります。
結果はまた惨敗。
一日で、20万円ものお金を失ってしまいました。

ショックで当分立ち直れませんでした。
せめて二回目をしなければ損が10万円ですんだのに、何で追加でやってしまったんだと自分を呪いました。
この時にギャンブルのこわさを知りました。

負けたら負けたで勝つまでムキになってやり続けてしまいます。でも反対に、勝ったら勝ったでやり続けてしまうんだろうなとも思いました。

オンラインカジノもやっている時は楽しかったです。クレジットカードで入金して、当たりますようにと願う瞬間は夢がありました。

ただ、中毒性があるので、自分の身の丈にあってない金額や、生活費をつぎ込むべきではないなと感じました。

もし、必要なお金をつぎ込んで負けた場合、その分を本気で取り返すつもりでやらないといけません。しかも、取り返すために、どんどんお金をつぎ込むはめになりかねないからです。

自分の経験から、もしお金が必要ならギャンブルで増やそうとするのではなく、真面目に働いてお金を得るべきだなと思いました。
ギャンブルでお金を増やせるのは、勝った場合だけだからです。負けると逆にお金を減らすことになります。

もし身の周りでギャンブルをしたいという人が出てきたら、私が失敗した話をしたいと思います。そして、あくまで「余裕資金で、失ってもかまわない金額」でしてみることをすすめたいと思います。

ギャンブルに対するゴールを決めよう

私はギャンブルはパチンコ・スロットしかやりません。

競馬も競艇も競輪も一回もやったことありません。それはなぜかというと競馬も競艇も競輪は生きたものが結果を発生させるので確率論が当てはまらないからです。
パチンコ・スロットは機械が相手なので、どれだけやっても最終的に確立論で解決できます。
その違いにより私はパチンコ・スロットしかやりません。なのでパチンコ・スロットに関してのお話となります。

まずみなさんがパチンコ・スロットをやる理由はなんでしょう。
金儲けしたいから、プレミアフラグを引きたいから、高設定をつかみたいから、暇だから、いろいろあると思いますが、私はやる理由「ゴール」を決めてからパチンコ・スロットをやるようにしています。

パチンコ・スロットに手を出して15年ほどたちますが、昔は自分の給料は全部自分のものでしたので関係なくパチンコ・スロットにのめりこむことができたのですが、
今は妻子を持つ身となりましたので昔みたいにお金の自由度が無くなりました。

ですがパチンコ・スロットはやりたいという気持ちは消えません。少ないお小遣いでワンチャンスあるかもと思い打ちに行き、結果負けてその月は昼食を抜くなんて日が続いていました。


そんなある日「なんでパチンコ・スロットをやりたいんだろう」と自問自答をし、ある結果にたどり着きました。

それは「なんとなくその空間に行きたい、漠然と勝ちたい」という気持ちだけでした。
少しは台の情報を仕入れこの演出は~とか、この子役は~とかにわか知識はあったものの、打つ気持ちが「なんとなくその空間に行きたい、漠然と勝ちたい」なので当然勝つ確率も低いですよね。
そこで私はパチンコ・スロットに対してのその日のゴールを明確に立てようと思いました。
まあ私の場合、ほとんどが「勝ちたい」なんですけどね。

今までは1万円という少額資金でもワンチャンスあるかもという気持ちで挑んでいたのですが、まずそこを是正し、軍資金は5万円からと決めました。
5万円貯まるまでパチンコスロットに手を出さずため続けました。その間何もしないわけでなく、情報誌を読み、台の特徴、様々な確率を理解し、同時にユーチューブで実践動画を閲覧し、自分なりに台の攻略図を作りました。
やみくもに調べるわけでなく、多くとも3種に絞り徹底的に調べつくしました。

そして念願の5万円がたまりいざ実践に向かいます。
そこで重要なのが、ホールに行くと熱が入り、行く前に決めていたことを打っているうちに自分のいいように解釈し結果ずるずると引きずられ負けるというパターンは絶対に避けなければならないといことです。
私は軍資金は5万ありますが、あくまで「勝ち」にこだわりたかったので、1000円でもプラスに転じればそこでやめという意思で打つようにしました。(状況により変わりますが。)
やみくもに打つわけでもなく、いい台がなければ帰るのは当たり前です。そんなことを続けていたら気づいたら基本的に負けることはなくなりました。(時としてフリーズ引きたい欲求も発生するのでそういったときは突っ込みます)
自分が決めたルールで打つ以上、そのルールにのっとった遊技が出来れば納得感があるので後悔は感じなくなりました。

オンラインカジノを止めるタイミング


結局のところ、どれぐらいマイナスになったらプレイをやめるかという損切りポイントを設定していますのであまり大損はしなくなりました。
まあ私も人間なのでいきなり当たりが出てしまうとついつい欲が出てしまい、深夜朝方までプレイしてしまうことも何回かありました。

結局負けてしまうんですけどね、最後には。こういうところは何度やっても懲りてない。

自分の性格と今の状況をしっかりと考慮しながら、娯楽程度に楽しむのが一番いいかと思います。参考になれば幸いです。


 

PAGE TOP