このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月のパチンコ出玉規制はオンラインスロットに影響する!?

HOME > 2018年2月のパチンコ出玉規制はオンラインスロットに影響する!?

2018年2月のパチンコ出玉規制はオンラインスロットに影響する!?

2018年2月にパチンコ出玉が規制


すでにニュース報道などでご存知の方も多いと思いますが、カジノ法案成立から改めてギャンブルに関する対策強化を行うため、遊戯依存症の全国調査が行われました。

現在全国で遊戯依存とみなされた人口は約90万人。
依存症の定義としては、生活に支障が出るレベルでギャンブルにお金を使っている人を対象とされ、そのうち9割が男性で、残り1割は女性という結果が出ています。



その結果に基づき6~7月ごろに一部で話題になっていた、パチンコ業界に対する圧力が本格的に論議されており、パチンコ業界に対し2018年2月までに現在の出玉を3分の2までに抑えるように調整が入ることが明らかとなりました。
また、オンライン上で行われる競馬などの公営ギャンブルに関しても、一個人当たりの利用金額に限度を設けるなどの話が進んでいるらしく、これからますますギャンブルは厳しい状況に追い込まれます。

オンラインスロット業界も、目を付けられないように自発的にこの流れに従うとみられており、おそらく来年の2月からは同様の措置がとられるだろうと噂されています。

もはや日本のギャンブル事情は、かなりの制限を敷かれることになります。

こうなってくると圧倒的に勢力を強めるのがオンラインカジノ勢



カジノ法案がまとまっても、海外オンラインカジノに対する処置についてはいまだに議論にすらなっておらず、当面の間はカジノ市場が場をにぎわせることになりそうです。

おそらく10年内にはオンラインカジノにも日本の法律で規制が入るなりなんなり、何かしらの対策が入ると思われますが、やはりまだまだ議論が不十分。
決着がつくのは当分先の話になりそうです。

 

PAGE TOP