このエントリーをはてなブックマークに追加

国内オンラインスロットと海外オンラインカジノが違いすぎる理由

HOME > 国内オンラインスロットと海外オンラインカジノが違いすぎる理由

国内オンラインスロットと海外オンラインカジノが違いすぎる理由

日本のオンラインスロットは稼げない?

※この記事は正確な統計に基づいて書かれたものではありません。
あくまで私の友人間での話題として上がった情報ですので、信用するかどうかはあなたの想像にお任せします。


ここで衝撃的な事をお知らせしますね。

実は日本のオンラインスロットで稼げる金額は、海外オンラインカジノと比較すると3分の1程度だと私の周りでは囁かれています。


実際に数字を追ったわけではありませんので、本当の事かどうかはわかりませんが、
そんな話をするのは事実です。

なぜそんな風に言われているのか?
その理由に疑問に思われるかと思いますが、その理由は大きく分けて3つあります。

1つは還元率の違い

日本国内のスロットサイトの還元率は、公式には公開されていませんが、
だいたい80~85%程度だと思って良いです。



本来であればオンラインスロットの運営費用はリアルパチンコ店と比べると圧倒的に安いため、還元率が高く設定できるはずなんですが、

どうやら還元率自体はパチンコ店と同じか、多少上乗せされている程度の設定ではないかと思われます。

オンラインカジノの換金率は90~98%と言われていますので、この時点で10%程度の差が出ています。

還元率はユーザー側に返ってくる金額に直接作用しますので、重要な部分となります。(ユーザー側が勝てる確率ではありませんので注意)


そして2つ目がレートの違いです。

日本のスロットは、大体1枚のコイン当たりが2、5、10、20円の賭け金になっていますが、オンラインカジノは1枚最大で2,500円まで賭ける事が可能です。

この時点で125倍以上も差があるわけですから、カジノのギャンブル性の高さがうかがえます。

更に言えば、国内スロットは景品交換時に10%手数料を引かれているのをご存知ですか?

オンラインスロットサイトをプレイして景品交換した事がある方は心当たりがあると思いますが、景品交換はポイントと等価交換されるわけではありません。
実は景品交換の際に10%引かれています。(正確には必要なポイントが上乗せされている)

例として挙げると、3000円分の景品と交換するためにはゲーム通貨で3300ゴールドが必要となっています。
300G余分に支払う必要が出ていますよね。この10%は正直かなり重たくユーザー側の負担としてのしかかります。


そして更に換金時のロスです。

ギフト券をそのまま使うのであれば問題はないですが、使い道が無ければ現金化する必要があります。(現金化はAmazonギフト券が向いています)

ところがこの換金も、額面の90%程度でしか買い取ってくれませんので、実質的に3300円の勝ち金が、
  1. 3300ゴールド⇒3000円のギフト券
  2. 3000円のギフト券⇒約2700円
という具合に、3300円の価値があったものが2700円まで落ちてしまいます。およそ2割が現金化で持っていかれるので、これは致命的ですよ・・・。


国内サイトで遊ぶよりも、私は海外サイトで遊ぶ方のほうが圧倒的に多いですし、本当に稼ぐつもりなら圧倒的に海外サイトがおすすめです。
オンラインスロットを3年間プレイしてきて、日本のサイトで稼げた金額は、これまで賭けた金額と同額程度か、下回っているか、という所です。(絶対に上ではないのは間違いないです・・・

一方で、海外サイトで稼げた金額は、確実にプラスになっています。

一時期は海外サイトで稼いだ金額でプレイ記事を書くために国内スロットをプレイして溶かす。みたいな事をしていましたが、何やっているのか分からなくなってきたので、しばらく休止しています。(おかげで攻略情報が書けてません。すみません)

そして最後はパチンコ業界の存在です。

通信ネットワークの普及で現れた、いわゆるギャンブル市場の後発組にあたるオンラインスロットは、既存のパチンコ業界からするとまさに目の上のたんこぶ状態。

オンラインになったからといって新しい顧客が増えて市場が拡大していく

わけではなく、

そのプレイヤーのほとんどはパチンコをすでにやっているユーザーがターゲットになります。

パチンコ業界からすると、商売敵が増えたわけです。



これまでの顧客を奪われる可能性があるわけですから、パチンコ業界としてはオンラインスロットの登場を快く思っていない節が少なからずありますよね。

それでいて、財界の要人に顔が利くパチンコ業界の面々。

もしもオンラインスロットの存在を危惧したパチンコ業界から、既得権益を守るために議員への働きかけがあれば、オンラインスロットはその矢面に立たされ、存続自体すらできなくなる可能性があります。

何故そのようになっているかというと、それは日本政府の規制とパチンコ業界に対しての体面上に問題があるものと思われます。


日本政府はパチスロ全盛期の時、あまりにもパチンコで身を滅ぼす人が続出したため、4号機の廃止を業界に促しました。これがきっかけでパチンコは稼げなくなって、一気に業界自体が斜陽産業と化したわけですから・・・。

それだけ日本国内はギャンブルで稼ぐ(パチンコは名目上娯楽ですけど!)事を良しとしないわけです。
だからオンラインスロットがパチンコより儲かってもらったら困るんです。

まとめると、オンラインスロットはギャンブル依存にしないように、既存のパチンコ屋に目を付けられないようにしないといけません。

これは舵取りが大変。

本当はもっとユーザー還元できるはずの国内スロットは、政府とパチンコ業界の注目を受けているため、派手な事が出来ないわけです。

演出やアニメーションにおいては圧倒的に日本のパチンコ業界の方が上です。
海外スロットは正直シンプルすぎて、アニメーションなども大した事はないです。

ですが海外スロットの方が稼げてしまいます。

そう考えると日本のオンラインスロットの立場というのはいささか微妙だということです。

これから先、出玉規制が厳しくなるパチンコ業界は序所に”稼ぐ為に遊ぶ人”は少なくなっていき、”楽しむために遊ぶ人”がほとんどになっていくでしょうね。
時代が進めば進むほど、苦しくなっていくパチンコ業界は、生き残りに必死です。
 

>>オンラインスロット一覧
>>月額制で実機パチンコ・パチスロをプレイ
>>人気急騰中のオンラインカジノと注意点
>>ギフト券の換金方法

※※本格オンラインカジノ※※
2019年オンラインカジノランキング
当サイトのアクセスランキングです
人気オンラインカジノ
---------------------------------
人気第1位はKACHIDOIカジノ!!
アイ・アム・ピエロが新規リリース!
 
伝説の4号機が続々登場予定!
KACHIDOKI 詳細 登録方法>>注意事項
特集>>KACHIDOKIでいくら稼げる?
入金ボーナス
ポイント2倍

---------------------------------
人気第2位はベラジョンカジノ!!
最も多くの日本人にプレイされている
日本語対応オンランカジノ!!

ベラジョンカジノ 詳細  感想
登録ボーナス30ドル=約2,400円分
---------------------------------
人気第3位はW88!!
スポーツブック対応!


W88
初回入金ボーナス初回入金時が2倍
2015年7月に3億9808万849円のメガジャックポットウィナーが誕生
---------------------------------
人気第4位はカジ旅!!

カジ旅
---------------------------------
番外編 DORA麻雀!!

DORA麻雀 感想
初回入金ボーナス初回入金時が2倍
---------------------------------
スポーツブックが今、空前のブーム!!
岡崎選手在籍のレスター優勝で
6,000倍の配当金が発生しました!!


ウィリアムヒルスポーツ
入金ボーナス最大のフリーベット獲得
プロモーションコード「JP25」の入力で フリーベット獲得

PAGE TOP